厄除け 厄除け 厄除け 厄除け

このサイトでは東京、関西地域で厄除け(厄払い)で有名な神社仏閣などの情報と厄年について解説しています。
厄除け(厄払い)を受けて厄年を乗り切りましょう!

スポンサードリンク


より詳しい厄除け(厄払い)については、下記が参考になります。
厄除け・節分特集(AllAbout)
厄年(ウィキペディア)
厄年研究所 大本山成田山仙台分院

◆平成26年(2014年)厄年早見表!

スポンサードリンク
◆平成26年(2014年)の厄年は?

今年も早いもので、もう11月です。 一年経つのは本当にあっという間ですね。 少し気が早いですが、平成26年(2014年)の厄年の早見表を掲載いたします。 来年初めて、厄年を迎える方にとっては、いろいろ不安なこともあると思います。 でも、厄年は一方的に恐れるものではないので、色々と考えさせられる一生の中の節目として、 ポジティブに考え、厄除け祈願などを、厄除け神社仏閣で受けられ、健やかな一年にしましょう!

厄年(厄除け)地方により諸説がありますが、一般的には、数え年で、
本厄が、男性が25歳、42歳、61歳。
女性が、19歳、33歳、37歳。となります。
また、その前後を「前厄・後厄」といいます。
平成26年
厄年早見表
前厄 本厄 後厄
女性 19歳厄 平成9年生(うし) 平成8年生(ねずみ) 平成7年生(いのしし)
男性 25歳厄 平成3年生(ひつじ) 平成2年生(うま) 平成元年生(へび)
女性 33歳厄 昭和58年生(いのしし) 和57年生(いぬ) 昭和56年生(とり)
女性 37歳厄 昭和54年生(ひつじ) 昭和53年生(うま) 昭和52年生(へび)
男性 42歳厄 昭和49年生(とら) 昭和48年生(うし) 昭和47年生(ねずみ)
男性 61歳厄 昭和30年生(ひつじ) 昭和29年生(うま) 昭和28年生(へび)

Copyright 2007 c厄除け東京、厄除け関西All rights reserved

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。